宝くじ助成金とは?

宝くじ助成金は、宝くじの収益を財源として地域のコミュニティ活動や文化活動などに役立てるシステムです。

宝くじ助成金についてよくある質問

誰でも助成金がもらえるのですか?

政令指定都市を除く市区町村や広域連合などが対象となり、毎年たくさんの団体が助成金を得ています。

どのような団体が助成金の対象となりますか?

市区町村に認められているコミュニティ団体が対象で、趣味の活動や法事団体などは対象外です。

宝くじ助成金で何が購入できますか?

コミュニティに必要な設備を整備するための経費ですが、建物や消耗品は含まれません。

申請して落とされることもありますか?

申請書が精査され、条件を満たしていないと判断されれば落とされ助成金がもらえないこともあります。

宝くじ助成金に限度額はありますか?

宝くじ助成金の限度額は1件につき100万円から250万円で、10万円未満の端数は切り捨てです。

どんなお金を指すのか

男性作業員

宝くじ助成金とは、宝くじを購入した代金の一部を公共事業などに使うための助成金とすることを指す言葉で、どんな宝くじを買う時にもその収益の一部が充てられています。宝くじを買った金額の約半額が当選金として当選者に支払われ、残りのうち15パーセント程度が宝くじを販売する為の諸経費、1パーセントが広報費用です。それ以外の代金が全て公共事業に使われ、地域で被災地支援活動をはじめとする様々な事業で活用をされているのがポイントとされています。

どんなところに使われているか

建設ヘルメット作業員

宝くじを購入した代金の一部から出される宝くじ助成金は、いったいどんなところに使われているのか、気になる人が多いといわれています。一般的には道路維持管理をはじめ、美術館や図書館、博物館などの管理費用、高校の設備を直す事や、子供の医療費にあてるなどのところも少なくありません。地域によって使われる先は大幅に異なりますが、多くの場合、道路事業や芸術をはじめとした公共事業、さらに、子供や女性、お年寄りへの支援をおこなうための活動費用として充てられるといいます。

広告募集中